競馬マスターズ
2019年05月26日15:09 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - フェブラリーステークス予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  リミットレスビッド 317  95
1 2  タイキエニグマ   156  93
2 3  ユートピア     352  −−
2 4  ニホンピロサート  055  −−
3 5 ▲ スターキングマン  284  97
3 6  サカラート     571  −−
4 7  アジュディミツオー 010  −−
4 8  ヴァーミリアン   401  96
5 9  シーキングザダイヤ 330  97
5 10  メイショウボーラー 641  91
6 11  ブルーコンコルド  258 100
6 12  トウショウギア   165  95
7 13  タイムパラドックス 742  95
7 14 ◎ カネヒキリ     230 100
8 15  タガノゲルニカ   242  96
8 16  サンライズバッカス 540  99

 このレースにて予想されるベストの適性は「541」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が75%優勢。何か仕方なくカネヒキリということになるか。なぜ「仕方なく」かと言うと、サンライズバッカスもそうなのだが、この2頭に武蔵野S(G3)の時のような強さが見られないから。2頭とも、近走明らかに前半の行きっぷりが悪くなっている。

 サンライズバッカスほど顕著じゃなくとも、前走JCダート(G1)を勝って人気を落とすなんて、あの辛勝にガッカリした人も少なくなかったんだろうね。武蔵野S(G3)は出遅れからの猛追で、「負けてなお強し」だったのに。それでも確率を考えるならこの馬が1位だし、不本意ながら◎ということになるか。オッズ的にも3倍ならアリかもしれんし。

 ブルーコンコルドは90%以上の確率で適性不向き。その他の上位人気はそれなりに…だけど、穴馬としてはスターキングマンか。これってほとんど瞬発戦を走ったことのない瞬発馬かも知れない。

 瞬発戦は2度の出走で、オープン特別を4馬身、2.5馬身の2勝。JCダート(G1)でも上がり3ハロンは1位だったし、物凄い瞬発力を持っている可能性もあるように見える。もしそうだとしら地方重賞に適性はない馬ということになり、イマイチの成績にも辻褄が合うんだけど。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.