競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 京都金杯予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ウインクリューガー 341  95
1 2  シルクトゥルーパー 301  96
2 3 ▲ チアフルスマイル  283  95
2 4  ディアデラノビア  310  92
3 5 ◎ ビッグプラネット  112  95
3 6  キネティクス    788  97
4 7  ニューベリー    974  98
4 8  シルクフェイマス  755  94
5 9  エイシンドーバー  412  94
5 10  グレイトジャーニー 841  96
6 11  マイネソーサリス  721  96
6 12  メイショウオスカル 831  99
7 13  アルビレオ     531  98
7 14  マイネルハーティー 323  95
8 15  オレハマッテルゼ  851  98
8 16  ペールギュント   511  95

 このレースにて予想されるベストの適性は「460」で、平坦戦を想定。脚質的には差し馬が45%優勢。オレハマッテルゼの頑強な走りは一流マイラーの証拠かな。安田記念(G1)は求められる適性が全然違うレースだから、あの11着は気にしなくてもOK。あとは今回楽に先手が取れるはずのビッグプラネットを捉えられるかどうかの話でね、これがオッズ差以上に厄介なのではないかと。

 キネティクスは1600m以下しか走ったことないんだけど、多分マイル以下より1800〜2400mぐらいのほうが向くんじゃなかろうか。確信度80%ぐらい。ディアデラノビアは人気になるんかいな? オークス(G1)3着馬とは言え、長期休養明けに初の牡馬重賞、かなり高いハードルだと思うんだけど。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.