競馬マスターズ
2019年03月17日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 朝日杯フューチュリティステークス予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ダイアモンドヘッド 200  96
1 2 ◎ ショウナンタキオン 110 100
2 3  フェイクフェイス  002  94
2 4  アポロノサトリ   300  98
3 5  スーパーホーネット 400  98
3 6  ダノンブリエ    100  94
4 7  ジャリスコライト  200  99
4 8 ▲ デンシャミチ    202  97
5 9  ディープエアー   211  95
5 10  スロクハイネス   012  95
6 11  レソナル      012  95
6 12  フサイチリシャール 300  99
7 13  タニオブゴールド  100  91
7 14  フィールドカイザー 011  96
8 15  エムエスワールド  111  97
8 16  コマノルカン    010  98

 このレースにて予想されるベストの適性は「442」で、 瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が15%優勢。しかしこれはかなりレベルが高いね。ジャリスコライトの前走(直線で2度前がふさがって、致命的な位置から余裕の差し切り勝ち)なんて見てたら、これが負けるなんてまず考えられないんだけどね。そのジャリスコライトでさえ1倍台の支持が得られないほど、出走馬の質が高いと思うのよ。

 ただ、1、2番人気予定のジャリスコライトとフサイチリシャールにはちょっとした落とし穴があってね、両馬ともに緩いペースを経験していない。今までの競馬振りからはフサイチリシャールが逃げてジャリスコライトが好位というパターンだったけど、流れが速くなると、両馬とも自然に中団より後ろからの競馬になる可能性も。ひょっとしたらこの2頭よりもショウナンタキオンの方が前に位置取ることもあるかも知れない。

 フサイチリシャールは先手の取れなかったデビュー戦ではイイトコナシだったし、ジャリスコライトはバリバリの瞬発馬で、道中脚を使うと伸びない可能性も。仮にそうなった場合、電車道の頑強さが生きることになるかも知れん。地味に下手な競馬はしないだろうから。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.