競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 菊花賞予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  コンラッド     301  94
1 2  ヤマトスプリンター 233  95
2 3  ミツワスカイハイ  350  92
2 4  ローゼンクロイツ  500  95
3 5 ▲ アドマイヤフジ   220  97
3 6  アドマイヤジャパン 410  99
4 7 ◎ ディープインパクト 600 103
4 8  シャドウゲイト   310  92
5 9  エイシンサリヴァン 431  93
5 10  レットバトラー   400  −−
6 11  シックスセンス   530  97
6 12  ピサノパテック   311  94
7 13  ディーエスハリアー 712  94
7 14 ○ フサイチアウステル 400  95
8 15  マルブツライト   331  95
8 16  マルカジーク    521  94

 このレースにて予想されるベストの適性は「541」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が100%優勢。「年内では一番危険なレースだと思う」と評してディープインパクトに本命を打たなかった神戸新聞杯(G2)。簡単に回顧しとくと、玉砕覚悟を期待したストーミーカフェがタルい逃げを打って、いつも通りの瞬発戦になっちゃった。

 追い出しを待ってディープインパクトに敵うかよ…。もうディープインパクトが負ける場面ってマイルCSとかスプリントG1に出るぐらいしかないね。でもさ、同父同型でもディープインパクトよりアグネスタキオンのほうが強いと思ってたりするからね、無敗の三冠って言っても私的にはイマイチ盛り上がらない。

 で、菊花賞(G1)での注目穴馬と言えば、昔から決まってるのはセントライト記念(G2)を使われた組。それもセントライト記念の勝ち馬じゃなくて、セントライト記念を「人気で僅差敗れた馬」だね。

1991年菊花賞 3番人気1着レオダーバン    セントライト記念 1番人気3着
1995年菊花賞 7番人気3着ホッカイルソー   セントライト記念 2番人気4着
1997年菊花賞 7番人気2着ダイワオーシュウ  セントライト記念 2番人気2着
2000年菊花賞 3番人気2着トーホウシデン   セントライト記念 1番人気2着
2001年菊花賞 6番人気1着マンハッタンカフェ セントライト記念 3番人気4着
2004年菊花賞 4番人気2着ホオキパウェーブ  セントライト記念 2番人気2着

 今年はそれっぽい馬が2頭いるよ。菊花賞はムラなく大崩れのない馬が有利って伝統とも合うし、7→14→5の三連単なら馬券的にも少しは楽しめるかな。

2005年菊花賞 −−−−−−フサイチアウステル セントライト記念 1番人気2着
2005年菊花賞 −−−−−−アドマイヤフジ   セントライト記念 3番人気4着

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.