競馬マスターズ
2019年05月19日16:02 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 -小倉2歳ステークス予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  アルーリングボイス 101  96
1 2  ゴウゴウキリシマ  011  95
2 3  エムエスワールド  001  97
2 4  シルクフラッグ   001  91
3 5  カシノハーバー   002  91
3 6  グランプリシリウス 001  97
4 7  ツアーデフォース  101  96
4 8 ◎ エイシンアモーレ  101 100
5 9  シアトルバローズ  002  93
5 10  エイシンチャーム  201  93
6 11  トーホウアモーレ  001  95
6 12  セントルイスガール 011  98
7 13  タムロスターディ  001  91
7 14  セイウンハンクス  010  95
8 15  ショウナンサリーレ 001  94
8 16  サンアントニオ   001  96
8 17  スプレッドアゲン  000  −−

 このレースにて予想されるベストの適性は「127」で、消耗戦を想定。脚質的には先行馬が30%優勢。ここってエイシンアモーレがフツーに断然人気になると思ってたんだけど、何か違うみたいね。この馬能力的には文句ないんだけど、消耗戦が向いてるかどうかが微妙。能力の違いでギリギリこなすかどうかぐらいで。

 フェニックス賞(OP)の苦戦辛勝は、そういう理由だと思う。でも実際そうやって1200mの消耗戦をこなしてるし、ここで指数2番手のセントルイスガールにも実際消耗戦で勝ってるワケだから、そのまま本命でもええんちゃう? トーホウアモーレって、デビュー戦そんないい勝ち方だったっけ?ぜんぜん記憶にないや。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.