競馬マスターズ
2019年11月10日15:11 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 -新潟2歳ステークス予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  コスモミール    021  99
1 2  ニシノフジムスメ  101  97
2 3  グレイスティアラ  100  96
2 4  マイネサンサン   100  94
3 5  スターライトルビー 010  98
3 6  ヤマタケゴールデン 100  97
4 7 ▲ ナイスヴァレー   210  97
4 8  アンバージャック  100  95
5 9 ◎ ケイアイフォーユー 110  99
5 10  エイシンチャンドラ 200  94
6 11  ニシノウェーブ   111  93
6 12  マイネルパイレット 110  96
7 13  ショウナンタキオン 010  97
7 14  メジロモデラート  100  93
7 15  リファインドボディ 010  95
8 16  ケイコアデージョ  110  91
8 17  マイネルグリッツァ 201  94
8 18  タイセイハニー   001  95

 このレースにて予想されるベストの適性は「1000」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が70%優勢。ショウナンタキオン、デビュー戦の映像はなかなかのものだったけど、能力指数的にはイマイチ上がらなかったね。ひょっとしたら強い馬かも知れないけど、あの1戦だけではいきなり重賞を勝てるかどうかは微妙なレベルだと思う。

 コスモミールもいいんだけど、こっちは瞬発戦がどうかなーみたいな感じ。確かに瞬発戦を走ったことがないので分からないって言えば分からないんだけど、父ヘクタープロテクターってさ、あまり瞬発馬ってイメージじゃないのよ。

 そこで注目したいのがケイアイフォーユーね。新馬戦の内容はソコソコ以上で、前走
・ダリア賞(OP)内容も悪くない。再び同じようなレースになればコスモミールに勝ち目はないだろうけど、瞬発戦になれば逆転も可能なのではないかと思えてくる。ここは瞬発力勝負の新潟芝1600mだから。

 問題は父ボストンハーバーが持つ距離の不安かな。この産駒って1400mまではイイけど、1600mを超えると成績ガタ落ちなんだわ。でもこのレースは2003年に同じ父Boston Harborのダイワバンディットが快勝、データ的にはそれで帳消し、±0ってことで。

 あとは似たように理由でナイスヴァレーが▲。コスモミールが「過去3戦と異質の競馬」を克服できなかったら、台頭してくるのはダリア賞(OP)の2、3着馬って感じ?

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.