競馬マスターズ
2019年10月06日15:17 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 関屋記念予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ミッドタウン    142  95
1 2  エリモピクシー   524  96
2 3  マイネサマンサ   072  96
2 4  ケイアイガード   512  97
3 5  コスモサンビーム  321  95
3 6  ハレルヤサンデー  260  95
4 7  エイシンハリマオー 561  −−
4 8  マヤノシャドー   266  96
5 9  ロードフラッグ   653  95
5 10  ニシノシタン    151  97
6 11  ダイワメジャー   211  98
6 12  オースミコスモ   620  92
7 13  ウインラディウス  532  97
7 14  インセンティブガイ 520  97
7 15  ダイワバンディット 721  95
8 16  マイティスピード  782  −−
8 17 ◎ サイドワインダー  653  95
8 18  ニューベリー    774  96

 このレースにて予想されるベストの適性は「1000」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が75%優勢。まずはダイワメジャーなんだがね、イランと思うのよ私は。もちろん能力だけを言えば、皐月賞(G1)制覇を抜きにしても最上位、G3辺りでは能力が違うということに異存は無いんだけどね。

 何せド平坦のダービー卿CT(G3)が強すぎた。ダート圧勝や血統背景なども併せて考えると、瞬発戦に適性があるとはどうしても考えられないんだよね。仮に秋のマイルチャンピオンシップ(G1)を勝てる馬だとしても、ここは苦戦必至だろ。新潟マイルはそれだけ特殊なコースなんすよ。少々の瞬発戦は能力でこなせたとしても、ここは超瞬発戦にしかならないコースだから。

 さぁ、そうなると難しいぞ。適性と能力でバランスが取れているのはインセンティブガイやケイアイガードなんだけど、この両頭は前に行き過ぎる傾向があるんだよね。ほら、昨日タケショウレジーナで痛い目見たからさー。最後の最後で後続に飲み込まれる姿を見るのはもうタクサンだ。

 そう考えると更に難しく、残るのはウインラディウスかサイドワインダーか。ウインラディウスとか適性悪くないし能力的にもイケテルと思うんだけどね、前走・NSTオープン(OP)のアレが、適性合わないのに無理をしすぎた、そんなように映るんだわね。あれが馬にとって厳しくないレースだったら迷わず本命なんだけど、今回はむしろ勝ち負けよりも大敗の可能性のほうが大きいような。

 てゆうことで、最後に残るのはサイドワインダーかぁ。すっごい消極的、アレもだめコレもダメで、最後にギリギリ残った1頭って感じだね。全然自信はないけど、来てくれれば儲けもの。だって他に差して来そうな馬が見当たらないんだもん。競馬って不思議なものでね、勝てそうな馬が1頭も見当たらなくても「勝ち馬なし」のレースにはならないんだよね。絶対どれかが勝っちゃう。すげー不思議だ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.