競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 北九州記念回顧

 

着枠 馬 馬名        タイム 人
1 1 1 メイショウカイドウ 1.44.7  1
2 7 12 ツルマルヨカニセ  1.45.0  5
3 4 5 サイドワインダー  1.45.2  3
4 2 2 スパルタクス    1.45.4  7
5 3 4 ヴィータローザ   1.45.4  2
6 5 7◎エリモマキシム   1.45.5  6
7 3 3 チアズメッセージ  1.45.7  4
8 8 13 アラタマインディ  1.45.8 10
9 6 10 マルカラスカル   1.46.0  8
10 4 6 トウカイオーザ   1.46.0 11
11 8 14 ベストタイクーン  1.46.1  9
12 7 11 ユウワンプラテクト 1.46.6 14
13 5 8 サンライズテースト 1.47.6 13
14 6 9 ゲイリーエクシード 1.47.8 12
LAP :12.3-11.1-11.8-11.5-11.5-11.4-11.3-11.6-12.2

 はぁ、狙いすぎ。アホほど狙いすぎ。えーと、なんで◎をエリモマキシムにしたんだっけーか。いま予想文を読み返してみると、最初はメイショウカイドウ本命のつもりだったのに、途中から一直線にエリモマキシムしか眼中になくなってるねぇ。私の典型的な自滅パターンだ。直前カラメルアートのこともあって、無理にでも大きめの配当が欲しかったようだし。

 レースの流れは予想通りの平坦戦で、それを苦にしない人気馬が能力通りの走りで上位入線。その中でもメイショウカイドウの小倉適性は群を抜いているとしか言いようがないね。これで小倉12戦7勝、その他21戦1勝か。

 小倉三冠とか、そこまで特徴の偏る馬になるとは思わなかったよ。だからといって、今からそれを踏まえてこの馬を追っかけても後追いでしかないし、馬券的に得策とも言えない。困ったヤツだね。能力的にはG2を勝てるレベルの馬だと思うけど、小倉にG2はナイもんな〜。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.