競馬マスターズ
2019年03月17日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 道新スポーツ杯予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  エネルマオー    031  95
1 2  ヤマトサクセス   166  −−
2 3  サージェナイト   696  94
2 4  カソク       068  91
3 5  ケイエススター   224  93
3 6  カリプソパンチ   701  96
4 7  アドマイヤドレス  036  97
4 8  ウインドヴェイン  645  94
5 9  オトハチャン    215  91
5 10  サクラプログレス  142  97
6 11  ケイエスアイ    118  96
6 12  フィーユドゥレーヴ 211  95
7 13  エムオーウイナー  123  96
7 14  ロージースパークル 035  92
8 15 ◎ カラメルアート   013  99
8 16  ナチュラルリーダー 137  99

 このレースにて予想されるベストの適性は「136」で、消耗戦を想定。脚質的には先行馬が15%優勢。ここはね、ぜひねらいたいうまがいるの。紹介します、カラメルアート君。今までね、何が理由かは知らないけど、ずっと東京新潟の瞬発戦ばかりを使われて伸び悩んでた子。それはもう、見ていて哀れなほどにね。

 2走前の東京芝1400m勝ちは消耗戦だったし、2歳時の勝ち鞍や重賞好走だって、全部消耗戦。つまり、1400mでも長いぐらいのスプリンターじゃないかってセンが強いんだよね。それが今回久々のスプリント、ここで狙わずどこで狙うってなモンで。最悪なのはここで好走僅差負け、次走同条件で人気勝ちというパターンなんだけど、それはもう祈るしかないんだけど。

 で、そのカラメルアートの境遇と真逆っぽいのがカリプソパンチ。こっちは2歳時に瞬発戦勝ち、瞬発系アーリントンカップ(G3)も2着しているのに、なぜか近走1200mばかりを使われて。そりゃ重賞を勝ち負けしてるぐらいの馬だから、適性が合わなくても能力的に900万下ぐらい押し切っちゃうかも知れないけど、それじゃ私の予想の意味がないからさ、適性不向きの指摘はしておくワケよ。

 問題はカラメルアートが久々の1200mのペースに付いていけるかどうかだけど、それほど速い馬のいないこのメンバーなら、行こうと思えば中団より前に行けるのではないかと。騎手が行こうと思ってるか控えようと思ってるかは知らんけど、人気なさそうだし、通常の3〜5倍額ぐらいで勝負する価値はあるんじゃないかと思ってるから。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.