競馬マスターズ
2019年10月06日15:17 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 七夕賞予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ラヴァリージェニオ 641  97
2 2  ユキノサンロイヤル 972  96
3 3  グランプリゴールド 361  94
4 4 ◎ ダイワレイダース  512  99
5 5  オースミステイヤー 351  91
6 6  マルタカキラリー  378  94
7 7  グラスボンバー   766  95
7 8  カナハラドラゴン  853  94
8 9  マイネルホライズン 951  94
8 10  トーセンダンディ  701  93

 このレースにて予想されるベストの適性は「244」で、消耗戦を想定。脚質的には差し馬が45%優勢。逃げるのはマルタカキラリーだけで人気馬は後方待機って感じだけど、マルタカキラリーが1頭で飛ばして大逃げになるのではないかという展開予想。よって、直線はかなり消耗するレースになるのではないかと思うんだよね。展開予想は超下手だけど。下手なりに。

 …で、消耗戦になるとするなら「512」のダイワレイダースは毛色が違うような気がするんだよね。〜なんて思いつつよく見てみると、何や2歳時の芙蓉S(OP)勝ちも含めて、消耗戦は2戦2勝じゃん。これはむしろ平坦・消耗馬が不得意な瞬発レースを使われて出世が遅れたパターンと考えるほうが正解かも知れない。

 マルタカキラリーの逃げ切りパターンや福島巧者のマイネルホライズンなど色々考えてみたけれど、そういうことなら話は早い。ダイワレイダースでええんちゃう? 母父ノーザンテーストのサンデーサイレンス産駒に超瞬発馬なしってセオリーにも当てはまるし。

 問題はこの七夕賞、1979年以来1番人気が26連敗中ってことだけだな。その主たる理由は恐らく「東京とかの瞬発コースで活躍してきた馬」が、このまったく毛色の違うコースで人気になるからじゃないかな。ダイワレイダースが平坦・消耗馬であるという仮説が通るなら、連敗記録は今年でストップだよ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.