競馬マスターズ
2019年10月06日15:17 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - プロキオンステークス予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  マルカキセキ    256  96
1 2  サイレンスボーイ  345  99
2 3  スターペスシンタ  368  95
2 4 ◎ メイショウサライ  432 101
3 5  ニホンピロサート  045  97
3 6  ナニワビクトリー  135  97
4 7  ムーヴオブサンデー 201  96
4 8  エンゲルグレーセ  586  95
5 9  エイシンハンプトン 332  95
5 10  ステンカラージン  125  97
6 11  ツルマルファイター 145  98
6 12  スリージェム    113  95
7 13  テイエムアクション 136  99
7 14  タイギャラント   236  94
8 15  サンライズキング  335  95
8 16  ブルーコンコルド  247  98

 このレースにて予想されるベストの適性は「145」で、消耗戦を想定。脚質的には先行馬が15%優勢。さて、このレースのポイントはメイショウサライだね。この配列「432」の馬が、消耗戦にどれだけ対応できるのか、みたいな。

 結論から言ってしまうと、全然問題ないと思う。瞬発戦のほうが先行してしまったのはデビューから9戦ずっと芝を使われていたからであって、そこで瞬発戦を何とかこなしつつ9戦1勝の成績。それがダートに替わって消耗するレースになった途端6戦4勝なんだから。平坦戦と消耗戦どちらが得意かまでは分からないけど、このレースに関しては、それは問題にならなさそうだし。

 しかしメイショウサライ、変な前売りオッズになってるね。前日単勝は1番人気だけど、連換算してみると恐らく5〜6番人気。多分これは前日朝10時に40万ぐらい入ったヤツの影響なので、最終的には4〜5番人気になるかな。ワタシ的には、前走の強さから1番人気で然るべきだと思うんだけど。

 あとはこのレースとは関係ない話になりそうだけど、ムーヴオブサンデーは1400m以下よりも、むしろ1800mぐらいに向いてそうな気がするのは3戦目のフィリーズレビュー(G2)を見て確信したところ。

 ついにダートにまで行っちゃったけど、オークス(G1)とか使われていればダイワエルシエーロといい勝負になってたかも知れないし、その後の競走生活も今とはまったく違ったものになってたかもね。牝馬一線級の能力はあるはずなのに、消耗戦ばっか使われて悲惨すぎるよ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.