競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - バーデンバーデンカップ予想

 

印 馬名        瞬平消  能力
  アドマイヤホープ  022  −−
  イケハヤブサ    465  −−
  ゴールデンキャスト 325  96
  シルキーラグーン  339  99
  スウィートエルフ  117  96
▲ ソルトレイクスター 107  96
  ダイワメンフィス  025  96
  トップパシコ    115  99
  フサイチオーレ   366  −−
◎ フサイチホクトセイ 221  99
  ヘイセイピカイチ  743  97
  ボールドブライアン 521  93
  マルターズホーク  149  −−
  モンパルナス    139  95
  リキアイタイカン  245  95
  ロードダルメシアン 007  99

 このレースにて予想されるベストの適性は「028」で、消耗戦を想定。脚質的には先行馬が25%優勢。まだ枠順未定だけど、仕方ないか。書いてから気づいた。まぁそれぐらい枠順は気にしてないってことで。

 ここで注目したいのは配列「221」ながら、実は消耗馬ではないかとも思われる◎フサイチホクトセイか。デビュー戦から高い能力を見せながらも、その後は瞬発戦を使われて惜敗続き。それが1200mに替わった途端2連勝、これは8割ぐらいの確率でソレだと思われる。

 福島芝は一般に思われてるほど前の残るコースではないけれど、それでも開幕週での安定した先行力は大きな武器。その点、シルキーラグーンやロードダルメシアンよりも有利だと思われるし、何と言っても4歳の勢いがある。

 先行力って話なら、もう1頭注目すべきは2走前に前半3ハロン32秒7とか出している▲ソルトレイクスターね。ちょっとムラはあるけど、ハナを切れればここでも勝負にはなりそう。当然のように人気はないだろうから。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.