競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - ブリリアントステークス回顧

 

着枠 馬 馬名        タイム 人
1 7 14 テンジンムサシ   2.09.8 10
2 8 16 タイキアルファ   2.10.5  2
3 2 3 アルファフォーレス 2.10.5  7
4 6 11 ハードクリスタル  2.10.5  1
5 8 15 ペルフェット    2.11.1 11
6 6 12 シロキタゴッドラン 2.11.2  4
7 1 2◎エスジービーム   2.11.3  3
8 4 7 ベラージオ     2.11.3  6
9 3 6 ブラックコンドル  2.12.1  9
9 7 13 ニシノコンサフォス 2.12.1  5
11 5 9 マルブツトップ   2.12.7  8
12 2 4 パラダイスシチー  2.13.1 12
13 5 10▲スナークレイアース 2.13.1 15
14 4 8 ホーマンベルウィン 2.13.5 16
15 3 5 アグネスアラシ   2.13.8 13
16 1 1 シャーディーナイス 2.16.9 14
LAP : 6.9-11.0-11.6-12.1-13.1-12.8-12.3-12.2-12.2-12.8-12.8

 これはもう初ダートのテンジンムサシが強かったという他ないな。これ、1800m以下でも大丈夫そうだし、ダート重賞を席巻するぐらいの強烈な差し馬になるかもね。これはレース前には予見できなかったよ。調教駆けとかしてたのかな?

 ◎エスジービームは4角で2着タイキアルファと同じような位置からまったく伸びず。上位5頭のうち4頭は差し馬だったし、流れが向かなかったと言えば向かなかったかな。テンジンムサシ以外、最後はみんなバタバタだったから。

 逃げたニシノコンサフォスが飛ばしすぎて、全馬がそのペースに付き合っちゃったからねぇ。東京ダート2100mとしはかなり異質な競馬だったと思うよ。それを考えるとタイキアルファの2着は凄いな。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.