競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - ファルコンステークス予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  フェリシア     311  99
1 2  ケイアイフウジン  002  94
2 3  マッハジュウクン  242  93
2 4  マルブツブリザード 032  97
3 5  ヒカルバローロ   212  96
3 6 ◎ コスモフォーチュン 103  98
4 7  スナークファルコン 421  94
4 8  フラワリングバンク 101  94
5 9  サイボーグ     020  96
5 10  ジャズファンク   003  94
6 11  ロードウィズダム  222  94
6 12  スパイン      002  92
7 13  ウインサウザー   030  97
7 14  コパノフウジン   143 100
7 15  トーホウレビン   231  96
8 16  シンボリグラン   321  95
8 17  カズサライン    033  94
8 18 ▲ テイエムチュラサン 214  94

 このレースにて予想されるベストの適性は「028」で、消耗戦を想定。脚質的には先行馬が70%優勢。何てーか「4歳オープンの勝ち馬」がシンボリグラン1頭で、お世辞にもレベルの高い重賞とは言えないね。そりゃまぁシンボリグランが人気になるのも仕方がないか。

 でもね、この馬距離短縮して2連勝したけど、スプリンターかどうかは微妙なところだと思う。前々走の桜草特別(500万下)は1200mとしてはかなり緩い流れだったし、重賞じゃスピード負け、追走もままならない可能性も高いと思うよ。

 あとマルブツブリザード、これは前走の時計が速かったのかな? あー、速かったみたいね。私は走破タイムとかそんな気にしないんだけど、短距離の走破タイムは長距離よりは参考になる。しかも自ら逃げてマークした時計なら誇るべきか。コッチは悪かないね。

 しかしね、それでも一番注目したいのはコスモフォーチュンなんだ。1600mのチューリップ賞(G3)とNHKマイルカップ(G1)は共に15着だったけど、前々走のれんげ賞(500万下)の勝ち方はマルブツブリザードよりも良かったと思う。小倉2歳S(G3)でも能力の一端は見せていたし、スプリンターとしては結構な可能性を感じるから。

 そして最後にクリスタルカップ(G3・2着)で▲に推したコパノフウジンか。この馬に関してはね、前走NHKマイルカップ(G1)の敗因は距離というよりもデキ落ちだと思ってるの。当分馬券にならないと思うよ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.