競馬マスターズ
2019年01月20日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 東京優駿(日本ダービー)予想

 

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ブレーヴハート   202  94
1 2  ニシノドコマデモ  411  95
2 3  ローゼンクロイツ  400  95
2 4  エイシンニーザン  501  93
3 5 ◎ ディープインパクト 400 103
3 6 ▲ アドマイヤフジ   120  97
4 7  インティライミ   220  95
4 8  シャドウゲイト   210  92
5 9  コンゴウリキシオー 400  93
5 10  コスモオースティン 620  93
6 11 ▲ ペールギュント   500  98
6 12  マイネルレコルト  220  99
7 13  ダンツキッチョウ  300  98
7 14  アドマイヤジャパン 410  99
7 15  シックスセンス   330  97
8 16  シルクトゥルーパー 201  93
8 17  シルクネクサス   431  92
8 18  ダンスインザモア  300  94

 このレースにて予想されるベストの適性は「820」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が80%優勢。先行有利、内有利の問題も完全に解消されているようだし、ディープインパクトに死角なし。騎手がアレだったら人気の重圧から早仕掛けの心配もあるけど、その点、鞍上武豊ってのは凄い武器になるね。馬の使える脚ってのを正確に理解してるは、日本人では多分彼ひとりだもん。

 ディープインパクトからの馬連馬単を見てみると、2番人気以降はインティライミとダンツキッチョウ、ローゼンクロイツ、アドマイヤジャパン、シックスセンスにブレーヴハート辺りが横一線って感じだね。単勝オッズ以上に評価が割れてるんじゃないかな。その中でも特に、ディープインパクトと対戦のないインティライミとダンツキッチョウが未知の魅力とやらでちょっと多めに売れている感じ。

 前にも書いたけど、未知の魅力ってのはそんな魅力的なモンでもないんだよね。そんなん買うぐらいなら、地味でもちゃんと実績のある馬を買うべき。大抵の場合、未知の魅力なんてのは推奨材料が特定できない時に使うマヤカシなんだから。

 上記6頭の中から、ちょっと適性微妙に見えるのはインティライミとシックスセンス。ブレーヴハートも…かな? ブレーヴハートの場合は能力的に足らんだろうって感じだけど。あとマイネルレコルトは基本マイラーだと思うから、ここは消し。ローゼンクロイツは皐月賞でガタッと崩れたからね、ここは好走よりもむしろ大敗の可能性が大きいかと。皐月賞2着のシックスセンスもここでは足りないように思う。

 注目したい人気薄は、NHKマイルカップ(G1)1番人気のペールギュントだね。世間的には「期待を裏切られたからもう買わん」て感じだろうけど、そう考えるのは負けパターン。G1で1番人気に推されるほどの馬が1600mで負けたんだから、むしろ2400mのほうが向いてるんじゃないかと考えるほうが100倍マシだよ。捨て身の末脚は人気薄になってこそ生きる。予想理論とか別にして、考え方の問題ね。

 あとは菊花賞候補であるならここでも大崩れはないであろうアドマイヤフジも絡めて、ディープインパクトを筆頭にした3連単が500〜600倍か。ん、3連複でも250倍なんだな。それじゃここは5−6−11の3連複でいってみよーか。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.