競馬マスターズ
2019年05月19日16:02 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 目黒記念回顧

 

着枠 馬 馬名        タイム 人
1 1 1◎オペラシチー    2.29.8  1
2 3 5 ウイングランツ   2.29.9  5
3 4 7 ダディーズドリーム 2.29.9  7
4 5 10 エルノヴァ     2.29.9  2
5 5 9 チャクラ      2.30.2  4
6 2 4 エローグ      2.30.3  3
7 2 3 アクティブバイオ  2.30.6 15
8 4 8 ラヴァリージェニオ 2.30.7  9
9 6 11 アサクサキニナル  2.30.8  6
10 8 16 シャーディーナイス 2.30.9 14
11 1 2 ワンモアマイライン 2.31.0 16
12 3 6 ハイフレンドトライ 2.31.2 13
13 7 14 マーベラスダンス  2.31.4 17
14 8 18 テンジンムサシ   2.31.6 10
15 7 15 タニノエタニティ  2.31.9 12
16 7 13 クラクエンリーグ  2.32.0 18
17 6 12 スウィフトカレント 2.32.8  8
18 8 17 アドマイヤビッグ  2.34.9 11
LAP : 7.1-11.3-11.2-12.3-12.6-12.1-12.4-12.3-11.6-11.4-11.4-11.6-12.5

 やっぱりこれも内有利。直線は内側3頭が競るだけで、外から差してくる馬は届かない。外差しの馬もどんどん内に切れ込んでいって、それが上手くいけば追い詰められはするんだけど、それでもずっと内を通ってきた馬には届かない。その点、オペラシチーは恵まれた部分もあったかな。

 レースは想定外の平坦戦、目黒記念やアルゼンチン共和国杯が行われる東京芝2500mとしては、かなり珍しい流れだね。逃げて粘ったエローグが演出した流れだけど、この流れで得をした上位入線馬はエローグだけっぽい。

 レースのレベルとしては、そんなに高くはないか。本来ならもっと差してくるはずの馬が、差して届かなかったという印象で。この馬場で、この流れ、この位置取りならオペラシチーには、クビ差なんて着差ではなくて1馬身以上離してほしかったよ。それができないなら、能力的にはハンデG2止まりだね。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.