競馬マスターズ
2019年03月17日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - NHKマイルカップ予想

 

枠馬 印 馬名        超瞬平消  能力
1 1 ▲ エイシンヴァイデン 3002  91
1 2  ペールギュント   2300  96
2 3  セイウンニムカウ  2122  93
2 4  アイルラヴァゲイン 1030  95
3 5  コパノフウジン   0043  95
3 6  パリブレスト    1110  93
4 7  コスモフォーチュン 0103  95
4 8  バブルエスティーム 2021  93
5 9  ディープサマー   1102  95
5 10  シルクトゥルーパー 1101  93
6 11 ◎ マイネルハーティー 1222  97
6 12  ラインクラフト   0130  96
7 13  デアリングハート  0140  94
7 14  ビッグプラネット  0101  96
7 15  マルターズビクター 1122  91
8 16  ストラスアイラ   2121  92
8 17  イヤダイヤダ    0410  95
8 18  インプレッション  0301  95

 このレースにて予想されるベストの適性は「5320」で、超瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が55%優勢。まず私にとってはペールギュントの人気が意味不明だね。スプリングS(G2)も皐月賞(G1)も、捨て身の末脚勝負で掲示板にも載れなかった馬だよ? マイルにしか実績のない馬でもないし、マイルになってのプラス要素も特に見つからない。

 マイネルハーティーに対しては3戦3先着だけど、上がり3ハロンの時計だけならマイネルハーティーの2勝1敗。末脚自慢の両馬とは言っても、末脚だけの勝負ならマイネルハーティーの方に分があるってことでしょ。NZTと同じ競馬ができるなら、最後方からアッという間に抜け出てくるのはマイネルハーティーの方だと思う。

 ラインクラフトやアイルラヴァゲインも含めて、適性が極端に合わない人気上位馬は見当たらない。超瞬発戦にピタリと合う人気馬も見当たらないけど、恐らくどの馬もソコソコにはこなせるはず。ラインクラフトは微妙…って言うか、まだよく分からないんだけどね。

 適性だけで選ぶなら、短距離を中心に使われてたエイシンヴァイデンかな。皐月賞(G1)は大敗してしまったけど、3勝のうち2勝はバリバリの超瞬発戦。ひょっとしたら偏執的な超瞬発馬かも知れず、もしそうなら近5走の連敗も仕方のないところ。むしろ消耗戦でも4〜7着にマトメている辺り、立派と考えることさえできる。昨年のダイワバンディット(12番人気4着)のようなことがあるかもね。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.