競馬マスターズ
2019年11月10日15:11 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 青葉賞回顧

着枠 馬 馬名        タイム 人
1 1 1 ダンツキッチョウ  2.26.9  1
2 5 10◎ニシノドコマデモ  2.26.9  6
3 4 7 ブレーヴハート   2.27.0  2
4 2 4 チョウサン     2.27.0  8
5 3 6 アフリカンビート  2.27.1 12
6 7 14 エイシンサリヴァン 2.27.2 11
7 5 9 シルクタイガー   2.27.3  9
8 7 13 リアルコンコルド  2.27.3 13
9 2 3 マイネルアルクス  2.27.4 15
10 8 16 グランロワイヤル  2.27.5 14
11 8 15 コスモオースティン 2.27.7  7
12 8 17 イブキレボルシオン 2.28.1  4
13 3 5 ニューヨークカフェ 2.28.3  3
14 6 11 サトノケンシロウ  2.28.3  5
15 6 12 アウトオブサイト  2.28.4 16
16 1 2 ワールドアベニュー 2.28.8 17
17 4 8 ウインストライダー 2.29.5 10
LAP :12.9-11.1-12.2-13.0-12.7-12.8-13.0-12.3-12.2-11.3-11.5-11.9

 単勝16倍のニシノドコマデモ、ギリギリまで追い詰めたけど…惜しかった。ゴール後50cmの地点では前に出ていた…なんてグチっても仕方がないか。無理なく好位をキープできるのはダンツキッチョウの誇るべき能力だし、ニシノドコマデモにはそれを捻じ伏せるほどの強靱な末脚が無かったということで。

 島崎さんのコラムに「先行有利、末脚は届かない」って書いてあったけど、その通りになっちゃったね。参ったな。まるで「ダービーポジション(4角先団)に付けていないと勝てない」なんて言われていた、ひと昔前の日本ダービーのようだ。近年のダービーは4角後方が主流なんだけどさ。

 ニシノドコマデモの最上位評価は間違ってはいなかったと思う。東京コースでキッチリ変わり身を見せたし、ほぼ能力の上限も出し切っていたと思う。ただ、やや凡走気味のダンツキッチョウでも、それでも一枚上だってことか。

 とは言え、この青葉賞がダービーに繋がるレースになるかと言うと、ちょっと厳しいと思う。もう少し上積みがありそうなダンツキッチョウが2着を狙えるかどうかぐらいで、2着ニシノドコマデモや3着ブレーヴハートのレベルじゃ掲示板も難しい。そういう意味では、ここでしか狙えない馬が僅差2着だったってのは痛いねぇ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.