競馬マスターズ
2019年03月17日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 天皇賞(春)予想

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ザッツザプレンティ 250  95
1 2  アクティブバイオ  860  91
2 3  アドマイヤグルーヴ 611  100
2 4  トウショウナイト  841  95
3 5  ユキノサンロイヤル 872  94
3 6  リンカーン     650  97
4 7  シルクフェイマス  395  95
4 8  ヒシミラクル    971  97
5 9 ▲ チャクラ      600  97
5 10  スズカマンボ    630  97
6 11  ハイアーゲーム   610  93
6 12  マカイビーディーヴ 000  −
7 13 ◎ アイポッパー    540  96
7 14  サンライズペガサス 742  97
7 15  マイソールサウンド 731  95
8 16  ハーツクライ    520  95
8 17  ビッグゴールド   652  93
8 18  ブリットレーン   541  91

 このレースにて予想されるベストの適性は「550」で、瞬発戦を想定。脚質的には先行馬が25%優勢。大阪杯(G2)予想時に「牡馬相手の2000mじゃオープン特別に出ても勝ち負けは怪しい」なんて書いたアドマイヤグルーヴ(2番人気4着)が能力指数ダントツの1位すか。参ったねぇ…。

 能力的な話だけなら、確かにアリだとは思うのよ。しかし牡牝の差ってヤツがね。近年ヒシアマゾンやエアグルーヴの登場でウヤムヤになっちゃった部分はあるけど、実際のところ、その差はかなりのモノだと思うのよ。例えば牝馬G1を5勝したメジロドーベルだって牡馬混合のレースでは9戦1勝、それが普通だから。

 しかしそうなると能力指数とかみんな97で並んじゃってるし、レベルが高いとは言えず、難しいね。それならアイポッパーでどうだろう。初G1ってことで指数は低目に出ちゃったけど、仮にこの天皇賞がG2だとしたら指数は1位、素質的には十分足りるはずだから。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.