競馬マスターズ
2019年10月06日15:17 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 青葉賞予想

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  ダンツキッチョウ  200  95
1 2  ワールドアベニュー 300  95
2 3  マイネルアルクス  011  93
2 4  チョウサン     200  95
3 5  ニューヨークカフェ 110  94
3 6  アフリカンビート  100  91
4 7  ブレーヴハート   202  96
4 8  ウインストライダー 101  96
5 9  シルクタイガー   400  96
5 10 ◎ ニシノドコマデモ  311  98
6 11  サトノケンシロウ  210  95
6 12  アウトオブサイト  011  95
7 13  リアルコンコルド  200  92
7 14  エイシンサリヴァン 330  93
8 15  コスモオースティン 620  97
8 16  グランロワイヤル  210  93
8 17  イブキレボルシオン 320  96

 このレースにて予想されるベストの適性は「820」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が80%優勢。ニューヨークカフェって結構人気になるんかいな? 確かにG1・3勝馬マンハッタンカフェの弟という血統的期待はあるだろうけど、未勝利も500万下も恵まれた部分もあったような際どい勝ち方。とても重賞を勝てるような馬には見えないよ。

 それはブレーヴハートやイブキレボルシオン辺りも似たり寄ったり。この舞台設定とサンデーサイレンス産駒、適性が合うことは合うだろうけど、能力的には足りないと思うな。ニューヨークカフェも含めてみんな2勝してるけど、2勝とも内容が平凡だし。

 そういった意味ではダンツキッチョウはいいね。未勝利勝ちや札幌2歳S(G3)2着の内容から、素質といった意味では世代トップクラスなんじゃないかと思う。ただね、前走すみれS(OP)の勝ち方が良すぎて、今回は2走ボケの可能性が高く出てしまったみたい。ここを好走すれば日本ダービー(G1)では結構いい数値になるんじゃないかと思うけど、1番人気は確実だろうし、ここでの単は嫌ってみたい。

 そこで本命はニシノドコマデモ。いちょうS(OP)と東京スポーツ杯2歳S(G3)ではスムースバリトンと互角以上の内容。弥生賞(G2)7着も、ベストの距離とコースで巻き返しの余地はあると見る。2走前の共同通信杯(G3)ではストーミーカフェとほぼ並ぶ人気だったんだから。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.