競馬マスターズ
2019年05月19日16:02 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - フローラステークス回顧

着枠 馬 馬名        タイム 人
1 8 15◎ディアデラノビア  2.01.8 2
2 2 3 レースパイロット  2.01.8 1
3 8 14 アスピリンスノー  2.01.9 11
4 4 7 ピサノグラフ    2.01.9 3
5 7 13 パーフェクトマッチ 2.01.9 4
6 2 2 メジロトンキニーズ 2.02.0 10
7 7 12 ヤマニンアリエル  2.02.0 9
8 5 9 スズカローラン   2.02.2 13
9 6 10 シールビーバック  2.02.4 15
10 5 8 イエローパピヨン  2.02.6 7
11 3 4 セリーナトロフィー 2.02.7 6
12 3 5▲ビコーグレイス   2.03.4 12
13 4 6 アルフォンシーヌ  2.03.5 8
14 6 11 クインオブクイン  2.03.5 14
止 1 1 ウェディングヒミコ ------ 5
LAP :12.9-12.1-11.4-12.1-12.9-12.7-13.0-11.7-11.3-11.7

 実に東京らしい瞬発戦をディアデラノビアが大外一気。予想時の「東京コースで距離延長は絶好の舞台」という見解は間違いではなかったと思う。ただね、内容的にはちょっと物足りず、私がオークスで本命に据えることは無くなったかな。

 3着アスピリンスノーの粘りには驚かされたけど、それを除けば上位はほぼ人気通り。予想時にも書いた通り、上位人気はみんなサンデーサイレンス産駒。能力上位で適性もピタリなんだから、凡走の可能性は低くなる。しかしそれでもアスピリンスノーみたいな馬が3着に入ってくる辺りが競馬の難しさかな。理詰めじゃどうしようもないことが多すぎるよ。

 2着レースパイロットについては、むしろこちらの方が1着ディアデラノビアよりもオークスでは好走の可能性が高くなった。勝ち切るまでは難しくとも、3着以内の可能性は人気以上に高いはず。私は3連複には興味ない人なんだけど、こういうのが3連複の軸に最適ってことなのかな。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.