競馬マスターズ
2019年07月14日15:13 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 皐月賞回顧

着枠 馬 馬名        タイム 人
1 7 14◎ディープインパクト 1.59.2  1
2 5 10▲シックスセンス   1.59.6 12
3 8 16 アドマイヤジャパン 1.59.8  3
4 2 3 マイネルレコルト  2.00.0  2
5 1 1 アドマイヤフジ   2.00.0  8
6 4 7 ペールギュント   2.00.0  9
7 8 17 スキップジャック  2.00.2 14
8 8 18 ダンスインザモア  2.00.2  5
9 7 13 ローゼンクロイツ  2.00.3  4
10 1 2 トップガンジョー  2.00.3 13
11 6 12 タガノデンジャラス 2.00.4 11
12 3 5 ヴァーミリアン   2.00.4  7
13 3 6 ビッグプラネット  2.00.6  6
14 4 8 ストラスアイラ   2.00.6 18
15 6 11 パリブレスト    2.00.7 16
16 2 4 コンゴウリキシオー 2.01.0 10
17 7 15 エイシンヴァイデン 2.01.3 17
18 5 9 ダイワキングコン  2.01.4 15
LAP :12.1-11.0-11.9-12.2-12.4-12.6-12.5-11.8-11.4-11.3

 やー、強かったね、ディープインパクト。「凡走しない」とは踏んだけど、それにしても予想以上だった。このタイムを土台にして語るなら1分59秒6、アドマイヤジャパンの1馬身先ぐらいを想定してたんだけど、ゴール前はまだ余裕があったし、1着馬のレースレベルで言うと、2着以下を9馬身離したシンボリクリスエスの2003有馬記念にも匹敵するものだったと思う。

 レース前「及ばない」と書いたアグネスタキオンとの比較だけど、この皐月賞を見ても、ここまでの4戦比較ではアグネスタキオンの方が上だと思う。ただ、アグネスタキオンの皐月賞は唯一の凡走で、皐月賞のレース振り自体を比べれば、ディープインパクトの方が断然上。その辺り、競走馬の能力は1レースごとの変動相場だから比較が難しいね。

 レースの流れは真っ向からの瞬発戦。それでいてラスト2ハロンの11.4-11.3って何だろう。ラスト2ハロン目の11秒4までは強い馬なら出せる数字だけど、その後の11秒3は常識はずれだよ。通常G1級でもこの流れなら11秒8、0.5秒遅れとして走破タイム1分59秒7辺りが限界のはずだから。

 シックスセンスについてはディープインパクトが引っ張ってきた馬だから、単独でアドマイヤジャパンを交わしていたかどうかは微妙。京成杯でアドマイヤジャパンとほぼ互角の競馬をしていた割に全然人気が無かったので▲を付けてみたのだけど、ディープインパクトが居なかったら、アドマイヤジャパンを交わしきれずの2着って馬だろうなぁ。

 マイネルレコルトは瞬発力勝負になるとここらが限界かな。マイル行ったほうがいいと思うんだけど、NHKマイルカップにしても安田記念にしても、瞬発力重視のマイル戦。どこに行くにしても、余程マイナーな路線に転向しない限り、しばらくは厳しい戦いが続くことになりそうだ。逆に5着のアドマイヤフジ、こっちは菊花賞で要注意のクチだね。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.