競馬マスターズ
2019年03月17日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - マイラーズカップ予想

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  アドマイヤビッグ  110  96
1 2  ダンツジャッジ   866  95
2 3 ◎ メイショウカイドウ 443  101
2 4  アルビレオ     842  96
3 5  スターイレブン   440  96
3 6  アサクサデンエン  432  97
4 7  アラタマインディ  791  91
4 8  プリサイスマシーン 550  98
5 9  ローエングリン   741  97
5 10  ゴールドメーカー  228  −
6 11  マイティスピード  782  91
6 12  テレグノシス    750  98
7 13  タマモホットプレイ 413  98
7 14  ネイティヴハート  546  95
8 15  ハットトリック   330  98
8 16  カンパニー     421  99

 このレースにて予想されるベストの適性は「352」で、平坦戦を想定。脚質的には差し馬が55%優勢。人気は当然のごとく、7戦6勝のサンデーサイレンス産駒、ハットトリックに集まることになるだろう。単勝1.5倍前後だろうか。

 しかし、そのハットトリックに、どうもひと押しの強さを感じない。実際京都金杯や東京新聞杯で破った相手と言ってもアルビレオぐらいだし、重賞の2連勝は相手関係に恵まれた感もある。紙一重の差で辛勝した京都金杯、今回はそれと同じような流れになりそうだし。

 メイショウカイドウの本命は悩みに悩んだ。この馬の能力がローカルG3級だというのなら悩みもしないんだろうけど、私は能力的にはG2でも勝ち負けになると踏んでるのよ。そこで問題になるのは小倉11戦6勝、その他20戦1勝というフザケたJRA成績。

 私見の適性的には小倉以外でも問題はないはずなんだけど、それにしては20戦1勝は寒すぎる。東京競馬場4戦3連対という成績が余計に意味不明で、これは現状私の理解の範疇を超えている。

 今まで分からなかったものがこの1時間やそこらで突然理解できるはずもなく、どうせ人気にはならないだろうし、ここは持論を通してメイショウカイドウ本命で。繰り返しになるけど、能力的には通用するし、適性も問題ないと思うから。

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.