競馬マスターズ
2019年05月19日16:02 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 桜花賞回顧

着枠 馬 馬名        タイム 人
1 8 17 ラインクラフト   1.33.5  2
2 4 7◎シーザリオ     1.33.5  1
3 5 9 デアリングハート  1.33.6 10
4 7 15 エアメサイア    1.33.9  3
5 3 6 ダンツクインビー  1.34.0 14
6 4 8 エイシンテンダー  1.34.2  5
7 3 5 ジョウノビクトリア 1.34.2 12
8 2 3 エリモファイナル  1.34.5 11
9 1 1 アドマイヤメガミ  1.34.6  9
10 8 16 モンローブロンド  1.34.7 15
11 1 2 ペニーホイッスル  1.34.8  8
12 6 11 ライラプス     1.35.0  6
13 8 18 ショウナンパントル 1.35.0  7
14 7 14 アンブロワーズ   1.35.2  4
15 6 12 カシマフラワー   1.35.2 17
16 5 10 テイエムチュラサン 1.35.5 18
17 2 4 マイネコンテッサ  1.35.5 16
18 7 13▲フェリシア     1.36.3 13
LAP :12.2-10.4-11.2-12.3-11.9-12.0-11.5-12.0

 前半3ハロン33秒8は近年最速の桜花賞、恐らく過去20年さかのぼっても最速だと思う。それでも先行馬が1、3着ってことは、もはや「魔の桜花賞ペース」は完全に死語だということだろう。

 ◎シーザリオは、差してラインクラフトに迫る惜しい競馬。見た目派手だったことから、これは前半のペースを抜きにして、オークスでは負けてなお人気を集めることになるだろうね。

 しかし前半3ハロン33秒8のペースを考えると、位置取りはアレで良かったと思う。ここまでの3戦を見る限り、シーザリオの適性は末脚自慢の瞬発型。通常の桜花賞ペース、(前半3ハロン35秒0〜35秒5ぐらい)なら能力差から「先行しつつ末脚発揮」ができると判断しての◎だったけど、33秒8ではそれも望めない。

 逆にあのハイペースを3〜4番手で追走できたラインクラフトを褒めるべきだろう。この辺りは速いペースを経験してきた馬と、経験していない馬の差か。ゆるい流れしか経験したことのない馬が、いきなり1200m戦のような流れ。それを追いかけていれば、アドマイヤメガミ(先行して9着)のようになっていた可能性が高いと思うから。

 この流れになった時点で、先行しようが抑えようがシーザリオには厳しい流れになったってこと。見た目惜しい2着だったけど、予想内容としては完敗だった。

 しかしその完敗はハイペースを予想できなかったという一点であって、やはり平年通りの桜花賞ならシーザリオが先行した上で勝ち負けになっていたはず。むしろこの流れでよく2着まで持ってこれたものだと思う。

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.