競馬マスターズ
2019年10月06日15:17 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 桜花賞予想

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  アドマイヤメガミ  300  96
1 2  ペニーホイッスル  011  94
2 3  エリモファイナル  310  94
2 4  マイネコンテッサ  140  92
3 5  ジョウノビクトリア 210  93
3 6  ダンツクインビー  210  92
4 7 ◎ シーザリオ     210  98
4 8  エイシンテンダー  201  96
5 9  デアリングハート  040  94
5 10  テイエムチュラサン 113  −
6 11  ライラプス     400  95
6 12  カシマフラワー   114  94
7 13 ▲ フェリシア     311  92
7 14  アンブロワーズ   111  95
7 15  エアメサイア    220  94
8 16  モンローブロンド  031  94
8 17  ラインクラフト   030  97
8 18  ショウナンパントル 210  95

 このレースにて予想されるベストの適性は「631」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が55%優勢。前走フラワーカップ予想では「一本被りになるほどの馬だろうか?」なんて評したシーザリオだったが、走ってみると前年のダンスインザムードに匹敵するぐらいに強かった。

 そうなると注目されるのは2走前に破った2頭、若葉S(OP)勝ちのアドマイヤフジとてスプリングS(G2)勝ちのダンスインザモアだね。その寒竹賞(500万下)自体はレベルの高いレースだったとは思えないのだが、フラワーカップに限っては強かった。前年ダンスインザムードの再現もあるんじゃないかと思えるぐらい。

 しかしそのシーザリオにしてもラインクラフトにしても、さらに言えばアネモネS勝ちのペニーホイッスルもクイーンC勝ちのライラプスも、みんな勝って人気を落としてるのね。これってフツーはアリエナイよ。なんで? たしかにアンブロワーズもエアメサイアも穴馬的な雰囲気は持ってるけど、それでも3戦3勝馬以上に人気を集めるってのはどうだろう。

 てゆうかこの桜花賞、どうしても去年のダンスインザムードとスイープトウショウの対決がオーバーラップしてしまう。同父のラインクラフトがスイープトウショウ役で。前年のVTRのようにピタリと決まるなんて、そんな簡単な話じゃないだろうけど、もうそれ以外に想像力が働かないところまで来ちゃってるから。

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.