競馬マスターズ
2019年03月17日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - ニュージーランドT予想

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  マルターズビクター 121  94
1 2  セイウンニムカウ  322  98
2 3  セレスエンブレム  110  96
2 4  アグネスジェダイ  322  95
3 5  ピカレスクコート  300  96
3 6  ミスターケビン   200  96
4 7  マチカネオーラ   400  95
4 8 ◎ マイネルハーティー 222  99
5 9  インプレッション  201  97
5 10  セイウンプレジャー 011  96
6 11  イヤダイヤダ    310  97
6 12  モエレフェニックス 010  94
7 13  チアフルワールド  111  98
7 14  フサイチアンテウス 102  97
8 15  ディープサマー   102  98
8 16  スプリットメイド  101  91

 このレースにて予想されるベストの適性は「352」で、平坦戦を想定。脚質的には差し馬が15%優勢。芝のオープン勝ち馬はディープサマーとモエレフェニックスの2頭だけという低レベル戦。しかもディープサマーは1200m以外では連対なし、モエレフェニックスはそれ以降大敗続きで人気の中心にはならないか。

 ミスターケビンとセイウンプレジャーの2戦2勝勢も特に目を引く内容ではなく、将来的な話はともかく、今回いきなり重賞で勝ち負けするほどの馬には見えず。2戦だけなので適性に関して未知数な部分はあるけど、未知数に魅力を感じるほどのオッズにもなりそうにない。
 
  インプレッションは悪くはないけど、もうもうワンパンチ足りないかな。しかし瞬発戦でも消耗戦でも今ひとつな競馬が続いている辺り、ひょっとしたらその中間の平坦戦がジャストフィットという可能性もある。平坦戦になるならという前提で、その辺りにも注目。

 朝日杯FSとシンザン記念の内容から、能力的に一枚上手なのはマイネルハーティーと思う。適性的にも悪くはないはず。あとはどれだけ早目に動けるか、だね。追い出しを待って更に末脚が良くなるタイプでもなさそうなので。東京スポ2歳S(5着)も若葉S(8着)も、ゆっくり構えすぎだと思うのよ。

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.