競馬マスターズ
2019年10月06日15:17 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - ダービー卿CT回顧

着枠 馬 馬名        タイム 人
1 3 5 ダイワメジャー   1.32.3  3
2 7 14 チアズメッセージ  1.32.6 10
3 1 1 トレジャー     1.32.6  8
4 4 7 エルカミーノ    1.32.7 14
5 2 4 マイネルソロモン  1.32.7  1
6 5 9 ダンツジャッジ   1.32.8  7
7 7 13 ナリタダイドウ   1.32.8 16
8 5 10◎フジサイレンス   1.33.0  2
9 1 2▲シルキーラグーン  1.33.0  9
10 8 15 イシノミューズ   1.33.2 11
11 8 16 ミッドタウン    1.33.2  4
12 6 12 エイシンシャイアン 1.33.2 13
13 4 8 ジンクライシス   1.33.4  6
14 3 6 マイネルゼスト   1.33.6 15
15 6 11 ロイヤルキャンサー 1.33.6 12
16 2 3 ダイワエルシエーロ 1.34.5  5
LAP :12.6-10.8-11.5-11.5-11.4-11.5-11.3-11.7

 ダイワメジャーがアッサリと抜け出して快勝。まぁ前年の皐月賞馬、ちゃんと走れば能力は抜けたモンなんだろうけど、その勝利を目の当たりにした後でも「買えるかどうか」と問われれば、間髪入れずに無理だと答えるよ。それぐらいに5.8倍というオッズに対してのリスクが大きかった。

 予想としてはラップタイムの増減が少ない平坦戦、結果としてもラスト3ハロン「11.5-11.3-11.7」という予想通りの流れになった。それなのに◎フジサイレンスは何故8着に沈んだのか。これは能力不足もあるけど、外を回ったという要因も小さくはないはず。

 「ミッドタウンは大外じゃなければ〜」と嫌ってみたのだが、結果的には6枠10番でもこの脚質にしては外を回ることになりすぎた。上位入線馬は、差してきた馬も含めて全部内を突いてんだよね。ただ1頭、大外から差したチアズメッセージだけが例外。それに関してはチアズメッセージが凄かったとしか言いようがないし。

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.