競馬マスターズ
2019年01月20日15:05 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 競馬予想の帝王学 - 弥生賞予想

枠馬 印 馬名        瞬平消  能力
1 1  アドマイヤジャパン 210  100
2 2  ブレーヴハート   102  94
3 3  レットバトラー   300  96
4 4  ダイワキングコン  211  94
5 5  ニューヨークカフェ 100  91
6 6 ▲ マチカネオーラ   400  94
7 7  マイネルレコルト  220  99
7 8  ニシノドコマデモ  311  97
8 9  エイシンサリヴァン 230  93
8 10 ◎ ディープインパクト 200  102

 このレースにて予想されるベストの適性は「730」で、瞬発戦を想定。脚質的には差し馬が25%優勢。アドマイヤジャパンも相当なモンだろうけど、何せディープインパクトの前走が超越しすぎ。現時点ではアグネスタキオンにも匹敵しそうな逸材だと思われる。ちなみに私が史上最強だと思っている馬はそのアグネスタキオンであるワケで、とにかく楽しみで仕方がない。

 負ける可能性があるとすれば、速い流れに翻弄されたり、早目に仕掛けられて「なし崩し的に脚を使わざるを得ない展開」になったとき。そうは言っても、若駒Sの速い流れでも焦って追わずにジックリと待機。あれを徐々に追い上げていたらゴール前はちょっと厳しいレースになってたはず。そういった意味での鞍上武豊、1度理解すれば判断を誤ることはまず考えられず、この鞍上がディープインパクトの不安材料をほぼゼロにする。

 2000m戦で先頭が前半を35秒0で飛ばす中、ゴール前に余力があるってのは大変なことだよ。ラスト1ハロン11秒7は常識的にはアリエナイ数字。それが分かればもう脚を計る必要もない。自分のペースを守って最後にチョイと仕掛ければ、たとえ相手がGT級の馬であろうとも、追いすがることさえ難しいだろうね。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.