競馬マスターズ
2021年03月07日15:10 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - フェブラリーS



 真冬のG1決戦、ダート短距離に分類されるフェブラリーS。昨年に続き、今年もやや手薄なメンバーと映るところだが、そうなるとここからの飛躍を期待される4歳馬(3)カフェファラオが人気を集めるのは当然の流れと言えるだろう。人は過去や現状よりも、未来に希望を持つ生き物だ。
  しかし予想ソフトが行うのは未来を期待するものではなく、あくまで過去成績の厳正な比較。(3)カフェファラオは予想勝率28%で『カツラギ』が筆頭推奨するも、『ダビジェネ』や『C−Lex』の支持はほとんど得られず、総合3番手に落ち着いた。4歳馬(3)カフェファラオの過去と現状はこの位置ということか。
  それに代わっての総合首位は(6)アルクトスと(14)オーヴェルニュの争い。多くの予想ソフトは地方成績データを取り込めていないのだが、それでも『ダビジェネ』本命となった(6)アルクトスは意外と言えば意外な1頭だ。
  穴系ソフトの推奨は(2)(10)(1)(8)の4頭で、これらはすべてJRA・G2以上を勝っている実績馬。今年のフェブラリーSは、(6)アルクトスから(14)(2)(10)(1)(8)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.