競馬マスターズ
2021年01月24日15:17 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 有馬記念



 各路線の主役級、スターホースたちが一堂に会し、年末最後の大一番に挑む有馬記念。高松宮記念からジャパンカップまで、天皇賞・春以外はすべて牝馬が優勝している今年の古馬・芝G1戦線だが、この有馬記念も強力な牝馬勢が席巻するのか。それとも唯一の牡馬・勝ち馬(13)フィエールマンが意地を見せるのか。
  予想ソフトのジャッジは圧倒的に(13)フィエールマン。指数的には春の天皇賞1着よりも前年有馬記念4着のほうが高く出ているのもポイントだが、何と言っても前走の天皇賞・秋、この直接対決で(9)クロノジェネシスに先着しているのが何よりも大きい。『カツラギ』『ダビジェネ』『C−Lex』揃い踏みでの本命、総合首位ということになった。
  (13)フィエールマンの『カツラギ』予想勝率25%に対して、21%で対抗するのはやはり(9)クロノジェネシス。混戦の3番手以下は(12)オーソリティと(6)キセキが続き、オッズが示すよりは、かなり牡馬寄りの予想。
  穴系ソフトの推奨馬は(14)サラキアと(3)クレッシェンドラヴの2頭にとどまり、今年の有馬記念は(13)フィエールマンから(9)(12)(6)(14)(3)へ5頭流しでの勝負となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.