競馬マスターズ
2021年01月24日15:17 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中日新聞杯



 本日の中京メインはハンデG3の中日新聞杯。この重賞は数年ごとに3月と12月の開催を行き来しており、他重賞の移設に合わせて柔軟に穴を埋めてきた印象。3歳馬がここを勝つようなら(枠が空いていれば)余勢を駆って有馬記念への出走まで考えたくなる日程だ。
  そういった意味では3歳馬が注目を浴びるべきレースなのだが、今年は3歳勢の出走は無し。それに代わって目玉となるのは、ここが10ヵ月ぶりの出走、待望の復帰戦となる(9)ヴェロックスの存在だろう。
  確勝を期しての出走だった2月の小倉大賞典は道中の手応えから今ひとつで、直線に入ってからは後退する一方。敗因不明とも言われたレースであっただけに、予想ソフトがどのような判断を下すのか、興味深くデータを読み込ませてみた。
  その結果、今回の中日新聞杯において(9)ヴェロックスはまったくの無印。『カツラギ』は予想勝率6%で6番手に挙げるも、△にも満たない評価が最高値。総合首位は『カツラギ』26%の(2)ボッケリーニで、今年の中日新聞杯は、馬連で(2)から(1)(3)(10)(7)(18)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.