競馬マスターズ
2020年11月29日15:07 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 武蔵野S



 G1・チャンピオンズカップの前哨戦と位置づけられる武蔵野ステークス。しかし実際のところ、チャンピオンズカップよりも3ヵ月後の同コースG1・フェブラリーSに繋がるレースというイメージのほうが強い。前年の勝ち馬ワンダーリーデルも、チャンピオンズCは11着、フェブラリーSでは4着だった。
  そして、その19年フェブラリーSで(8)ワンダーリーデル、(6)サンライズノヴァと(11)タイムフライヤーの3頭を従えてゴールしているのが(2)モズアスコット。『カツラギ』は予想勝率21%でこの馬を本命としている。
  それに続く2番手は『ダビジェネ』推奨の(11)タイムフライヤーであり、続いて『C−Lex』本命の(6)サンライズノヴァ。東京マイルG1・2勝の(2)モズアスコットを頂点に、G1馬3頭が上位という極めて順当な予想結果になったようだ。
  穴系ソフトの推奨馬に目を向けてみると、こちらは(8)(9)(15)(12)(5)など多数の候補が乱立する状態。元々荒れ傾向の強いレースである武蔵野S、ならば今年は(2)モズアスコットから(8)(9)(15)(12)(5)での馬連ヒモ穴を狙うも一興かと考えた。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.