競馬マスターズ
2020年10月25日15:24 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ローズS



 京都競馬場改装の影響で、今年は中京芝2000mのコースで施行されることになったローズステークス。近年ややメンバーがそろわなくなってきたようにも感じるレースだが、今年は一見するとなかなかの豪華メンバー。しかしよく見てみるとオークス上位馬も桜花賞上位馬も不在であり、前哨戦で強い競馬を見せた馬の再対決という構図になる。
  何せこれだけのメンバーが揃って、3歳以降の重賞勝ち馬はフラワーCを12番人気で勝った(10)アブレイズの1頭だけ。実績で比較するなら、メンバーが薄いと言われた過去3年よりも更に薄いのかも知れない。
  そういった状況で予想ソフトが強く推奨するのは、春には未完の大器と言われていた(3)フアナ。同馬の『カツラギ』予想勝率は18%で、2番手に(2)フィオリキアリ。3番手も(9)クラヴァシュで、やや意外なところに印が集まった印象だ。
  穴系ソフトの推奨も活発で、(6)セウラサーリ、(8)オーマイ、(17)エレナ、(4)ヤマニン、(12)チャイカと(11)アカイイトの6頭が抽出されることに。ここまでに(1)リアアメリアや(15)デゼルの名前は挙がらず、今年のローズSは(3)から(2)(9)(6)(8)(17)で。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.