競馬マスターズ
2020年10月25日15:24 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ケフェウスS



 今年から芝2000mのハンデ戦として新設された、中京メインのケフェウスS。ケフェウスとは北天の星座、日本ではあまり馴染みない名前だが、ギリシャ神話ではカシオペアの夫であり、アンドロメダの父という位置付けであるらしい。今後は9月のケフェウスSから10月のカシオペアS、11月のアンドロメダSに続く構図になるのだろうか。
  3歳馬も参加可能なハンデ戦ということで、ここから菊花賞を目指す馬もいるかと思われたのだが、残念ながら3歳牡牝の出走は無し。そうなると、やはり難解な一戦となることは避けられないようだ。
  『カツラギ』は予想勝率32%で(12)ラストドラフトを推奨するも、『ダビジェネ』『C−Lex』本命の(13)トリコロールブルーのほうが全体の印は厚い。この2頭を中心に、(3)ノーブルマーズや(9)サトノクロニクルなど、ハンデの重い馬に印が集まっている印象か。
  穴系ソフトの推奨は(8)ポポカテペトルと(1)グローブシアターの2頭で、ハンデ戦の割には買い目がスンナリと決定。今年のケフェウスSは(13)トリコロールブルーから(12)(3)(9)(8)(1)の5頭に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.