競馬マスターズ
2020年09月27日15:18 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 紫苑S



 ヴィブロス、ディアドラ、ノームコアにカレンブーケドールなど、ここで上位に来た馬は、その後かなりの出世が見込める紫苑ステークス。まだまだ歴史の浅い新設重賞なのだが、同コースの牡馬G1・皐月賞にも通ずるものがあるようだ。
  過去4年も戦前は特にハイレベルなメンバーとは言われていなかっただけに、今年も意外な出世馬が現れるかも知れない。その筆頭候補は『カツラギ』予想勝率20%、この春は牡馬を相手にまったく引けを取らなかった(16)シーズンズギフトだろうか。
  しかし同馬は『カツラギ』のみの本命で、全体的には△が多く並ぶ状態。これに拮抗する勢力が(11)スカイグルーヴと(6)ラヴユーライヴで、さらにそれらを超えてきたのが『ダビジェネ』『C−Lex』推奨の(18)パラスアテナだった。
  穴系ソフトの推奨は(12)クロスセルと(4)ホウオウエミーズの2頭で、オークス3着馬の(17)ウインマイティーは(16)シーズンズギフト以上に印が薄く、『カツラギ』の△がひとつだけという惨状。今年の紫苑ステークスは、(18)パラスアテナから(11)(16)(6)(12)(4)への馬連5点流しで勝負してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.