競馬マスターズ
2020年11月29日15:07 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - TVh杯



 春の総決算である宝塚記念が終了し、本日の3場メインはすべて3勝クラスの条件戦。函館メインのTVh杯は『カツラギ』予想勝率17%ながら、『ダビジェネ』『C−Lex』の後押しもあって(1)アスタールビーに◎がズラリと並ぶ。
  大きく離れた2番手が(8)サンノゼテソーロで、3番手以下は横一線。穴系ソフトの推奨馬が多すぎて逆に相手が選びづらいのだが、ここは(1)から(8)(7)(2)(15)(12)の買い目を推奨しておきたい。
  阪神メインの大阪スポーツ杯は(13)(16)(12)の三つ巴だが、『カツラギ』予想勝率32%の(13)メイショウテンスイが最終的には一歩リード。この時期の3歳馬にとって古馬3勝クラスは高い壁になるのだが、連軸としての期待は持てそう。こちらは(13)から(16)(12)(9)(7)(14)へ。
  福島メインの安達太良Sは少し意外なところで、前走大敗馬(15)ナンヨーイザヨイと(3)ラレータの一騎打ち。ともに距離延長で変わり身の可能性があるにしても、この2頭での首位争いになるとは。ここは『カツラギ』予想勝率26%で僅かにリードの(15)ナンヨーイザヨイから、(3)(1)(13)(5)(2)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.