競馬マスターズ
2020年09月27日15:18 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 三宮S



 本日の阪神メインはダートのオープン特別、ハンデ戦の三宮ステークス。レース名自体は16年まで使用されていたものだが、2勝クラスの三宮特別から3勝クラスを経てオープンまで出世してきた名称。これはハンデG3からG2を経てG1にまで出世したフェブラリーSを彷彿とさせるものがある。
  それはさておき、ここはハンデの重い(13)ヴェンジェンスと(14)クリンチャーが人気を集めそうなメンバー構成、予想ソフトの◎と○も順当にその2頭に集中することになった。
  そこに唯一割って入るのは予想勝率22%で『カツラギ』が果敢に攻めてきた(12)コマビショウ。仁川SからマーチS、アンタレスSと3戦連続で(14)クリンチャーの後塵を拝している(12)コマビショウの指数が同馬より高く出る辺り、それこそが『カツラギ』の優秀さ、強さ、したたかさなのかも知れない。
  ただ『ダビジェネ』『C−Lex』なども含めた印の集計では(13)ヴェンジェンスと(14)クリンチャーに遠く及ばず、総合3番手まで。穴系ソフトの推奨は(3)(4)(16)の3頭で、三宮Sは(13)から(14)(12)(3)(4)(16)の結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.