競馬マスターズ
2020年09月27日15:18 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 鳴尾記念



 3歳世代のダービーが終わり、入れ替わるように2歳馬がデビュー。中央競馬は今週から新たなサイクルに入る。阪神メインの鳴尾記念は、春最後の大一番・宝塚記念へ向けたステップレース。ここを差し届かなかった馬が、宝塚記念を人気薄で先行し、2着や3着に粘る場面が過去に何度も目撃されている。
  12年に現在の施行日程になって以降、9年目にして初めて3歳馬が出走してきた鳴尾記念。しかし注目は3歳(6)キメラヴェリテではなく、唯一のG1馬である(7)ラヴズオンリーユーの存在だろうか。この馬が翌週の同コース・牝馬限定戦マーメイドSではなく、こちらを選択した背景は、やはり宝塚記念を視野に入れているからなのかも知れない。
  予想ソフトの印は、その(7)ラヴズオンリーユーと(6)キメラヴェリテ、そして(8)レッドジェニアルの3頭で割れた。『カツラギ』の筆頭推奨は予想勝率18%での(8)レッドジェニアル、同コースG1の大阪杯からここに臨む、この馬が総合でも首位を射止めることに。
  穴系ソフトの推奨は(13)(1)(5)の3頭で、若干の波乱ムードか。今年の鳴尾記念は(8)から(7)(6)(13)(1)(5)の馬連で。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.