競馬マスターズ
2020年07月05日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 葵S



 重賞昇格3年目となる葵S。これが実に、小倉2歳S以来約9ヵ月ぶりとなる“世代限定のスプリント重賞”だ。否応なしに距離延長への対応を余儀なくされていた世代のトップ・スプリンターが、待ちに待った得意距離。これはもう、スプリンターにとってのダービーという位置付けか。
  しかしそういったレースであるだけに、各馬の比較が難しい。スプリントでの実績をとるべきか、それとも距離延長に挑戦した馬を重視すべきなのか。予想ソフト出した答えは、その両方。距離延長に挑戦しつつ、スプリントの自己条件で2勝目を挙げた(5)ワンスカイと(6)カバジェーロだ。
  この距離でオープンを勝った馬はもちろん、重賞勝ち馬も複数いるメンバーなのだが、『カツラギ』は予想勝率13%で(5)ワンスカイを筆頭に推奨。それに僅差でせまるのが『C−Lex』本命(6)カバジェーロという形になっている。
  それらに続くのも(16)ビップウインクと(14)トロワマルスの2頭で、実績的にはすこし意外な構成。今年の葵Sは、穴系ソフトの推奨(9)ニシノストームと(10)デンタルバルーンを加え、(5)から(6)(16)(14)(9)(10)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.