競馬マスターズ
2020年07月05日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - オークス



 今年は桜花賞組が12頭も出走することになったオークス。ミッキークイーンが勝った5年前の13頭には及ばないものの、平均7〜8頭の例年に比べればかなり多い印象。近年は桜花賞組のオークス出走が減少傾向にあっただけに、尚更多く感じるのかも知れない。
  ともあれ、今年のオークスは(4)デアリングタクト一強のムード。桜花賞で見せた驚異の末脚に加え、唯一のG1勝ち馬という付加価値もあり、予想ソフトの印にも◎が並んで当然ということにもなる。何ひとつこれを嫌う要素が無いからだ。
  これは2年前のオークス当時、単勝1.7倍だったアーモンドアイ級の評価とも見えたのだが、少し気になったのは『カツラギ』予想勝率の11%という低さ。首位ではあるものの、7〜11%にひしめく上位8頭から、僅かに抜け出しているだけなのだ。ちなみに2年前のアーモンドアイ予想勝率は31%だった。
  『カツラギ』が(4)に近い評価を与えているのは(1)(2)(5)(8)(11)(16)(18)の7頭。(4)の首位を動かすことはできないのだが、穴系ソフトの推奨馬(7)(14)(9)も加え、今年のオークスは同馬から(18)(8)(7)(14)(9)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.