競馬マスターズ
2020年07月05日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 京王杯SC



 安田記念に向けて重要なステップとなる京王杯SC。過去には8年で5回もコース・レコードを更新してきたスピードレース、近年は落ち着いてきたかと思いきや、一昨年、昨年と再びレコードを記録。やはり京王杯SCはこうではなくては。
  今年は高松宮記念1番人気の(10)タワーオブロンドンを筆頭に、(12)ステルヴィオや(3)ケイアイといったマイルのG1馬も参戦する京王杯SC。もう1頭のG1馬(9)セイウンコウセイも単騎逃げなら侮れないところか。
  しかし予想ソフトは、これら4頭のG1馬を差し置いて(13)ダノンスマッシュを筆頭に挙げてきた。同馬の『カツラギ』予想勝率25%を『C−Lex』が積極的にあと押し。これが総合2番手(12)ステルヴィオと3番手(7)ストーミーシーを退けての総合首位となる。
  そう、(7)ストーミーシー3番手はちょっとしたアクセントで、4番手に(2)グルーヴィット。実績随一に見える(10)タワーオブロンドンは6番手となってしまった。
  穴系ソフトの推奨馬は(8)(6)(1)の3頭で、少頭数の割には意外な荒れ模様。今年の京王杯SCは、(13)ダノンから(12)(7)(8)(6)(1)の5頭に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.