競馬マスターズ
2020年09月27日15:18 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 天皇賞(春)



 昨年春の天皇賞で圧倒的なパフォーマンスを見せた(14)フィエールマンが、満を持して今年も出走。しかし今年は、このレースがぶっつけ本番での年明け初戦。3歳クラシック路線では今や主流となった前哨戦なしのローテーションだが、この春の天皇賞に限ると、年明け初戦の優勝馬は80年近くも現れていないらしい。言うなれば先の大戦、真珠湾攻撃よりも前の話だ。
  予想ソフトもその辺りを気にしての事なのか、(14)フィエールマンの印は存外に薄い。唯一『カツラギ』が予想勝率23%での◎に挙げているのだが、全体的には○と▲が並ぶ状態で総合2番手。凱旋門賞大敗のデータを読み込めない状態での評価であるだけに、これは少々意外なところだろう。
  (5)ミッキースワロー、(2)エタリオウに(9)ミライヘノツバサなども含め本命票が割れるところ、総合首位を奪取したのは『C−Lex』推奨の(7)ユーキャンスマイル。(14)フィエールマンとは本当に紙一重の総合首位だ。
  (8)キセキはまったくの無印で、穴系ソフトの推奨馬は(13)ハッピーグリン。今年の天皇賞は(7)から(14)(5)(2)(9)(13)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.