競馬マスターズ
2020年09月27日15:18 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 皐月賞



 今年は3強と称される3頭が真っ向からぶつかりあう皐月賞。3強とは別に無敗の馬が3頭存在するなど、伏兵となりそうな勢力も多士済々。前日の暴風雨を経ての馬場状態も気になるところであり、スンナリと3強で決まらないような要素も見え隠れしている。
  予想ソフトの評価もオッズより割れ気味だろうか。まず『カツラギ』は予想勝率18%で(7)サリオスを筆頭に推奨し、(1)コントレイルが14%、(5)サトノフラッグは8%という配置。しかし驚くべきは、それらの間に割り込んだ17%(14)キメラヴェリテの存在か。
  『ダビジェネ』『C−Lex』などの本命を見ても本命は(5)サトノフラッグや(1)コントレイル。(7)サリオスも含めて◎が散っているのだが、どのソフトも2番手か3番手に(14)の名前を挙げているのが興味深い。つまりは全ソフト同馬も含めた4強を提唱しているのだ。
  なぜならば、若葉S2着の指数が朝日杯、ホープフルS、弥生賞よりも上と出ているため。さすがに総合首位にはならなかったのだが、今年の皐月賞は穴系ソフトの推奨馬も多く、(7)サリオスから(14)(8)(4)(9)(18)に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.