競馬マスターズ
2020年07月05日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - スプリングS



 今年は少頭数、10頭立てでの競馬となった皐月賞トライアルのスプリングステークス。毎年フルゲートになるようなレースではないのだが、それにしても10頭立てはナリタブライアンが出走した94年以来26年ぶりのこと。(3)ヴェルトライゼンデ強しの風潮か? 毎年2頭〜3頭はいるはずの朝日杯組が、今年は1頭も見当たらない。
  しかしながら(3)ヴェルトライゼンデの予想ソフト評は、それほど著しくはない。『カツラギ』は予想勝率29%で(9)サクセッションを筆頭に推奨し、(3)ヴェルトライゼンデは25%の2番手まで。『ダビジェネ』や『C−Lex』は(8)アオイクレアトールを最上位に評価し、(3)は総合3番手ということになってしまった。
  (5)ファルコニアに至ってはほとんど無印の状態で、 穴系ソフトの推奨馬は(2)(7)(10)の3頭。今年のスプリングSは(9)から(8)(4)(2)(7)(10)に流す結論としてみたい。
  阪神メインの阪神大賞典は、こちらはさすがに(9)キセキが貫禄の『カツラギ』予想勝率40%。総合2番手でこれを追う(10)ユーキャンスマイルも20%止まりで、こちらは(9)から(10)(3)(5)(1)(8)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.