競馬マスターズ
2020年07月05日15:15 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 仁川S



 09年から長らく別定戦として施行されていたオープン特別・仁川ステークスが、一昨年からハンデ戦としての施行に。実はこのレースの勝ち馬は、ワンダーアキュートやアポロケンタッキー、グレイトパールなど、のちの重賞勝ち馬を多数輩出。隠れ出世レースとなっていた。
  そういった出世レースであるからこそ、フレッシュな4歳馬に注目したいところ、『カツラギ』は予想勝率21%で、唯一の4歳馬である(11)ノーヴァレンダを筆頭に挙げてきた。中央成績だけを見ると今ひとつの同馬だが、これは珍しく地方交流重賞での好走が評価されているパターンだろうか。
  『ダビジェネ』と『C−Lex』はそれぞれ(14)ヒストリーメイカーと(16)メモリーコウを推奨し、それらに続くのが(15)ミッキーポジションと(5)コスモカナディアン。かなり波乱ムードの予想結果だが、穴系ソフトの推奨馬は不思議なほど(10)メイショウウタゲに集中し、買い目のほうはスンナリと決定。
  ハンデ戦だけに上位拮抗ではあるのだが、今年の仁川Sは4歳(11)ノーヴァレンダから(14)(16)(15)(5)(10)の5頭に流す結論としてみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.