競馬マスターズ
2020年09月27日15:18 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 共同通信杯



 本日の東京メーンはクラシックへの登竜門となる共同通信杯。近年はこのレースから皐月賞への直行がトレンドとなっているのだが、今年もそれを目論む素質馬が集結。その中でもすでに賞金的に不安のない(8)マイラプソディは別格というオッズ構成になりそうだ。
  しかしながら、予想ソフトは3戦3勝(8)マイラプソディを今ひとつ高く評価していない。一応は『ダビジェネ』の本命ではあるものの、『C−Lex』は(7)フィリオアレグロを推奨し、『カツラギ』に至っては予想勝率45%の高率で(6)ダーリントンホール。(2)ビターエンダーと(3)ココロノトウダイも含め、(8)マイラプソディは上位5頭混戦の3番手に位置することになった。
  それは(8)マイラプソディの3戦がいずれも高指数ではないことに起因する。見た目は派手でも相手が楽だったということだろうか。そう書いた傍から京都2歳S2着のミヤマザクラが重賞を勝ってしまったのだが。
  しかしそれでも『カツラギ』予想勝率45%は強烈。穴系ソフト推奨の(1)エンと(5)アジュバントも加え、今年の共同通信杯は(6)ダーリントンホールから(7)(2)(3)(1)(5)で強気に勝負してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.