競馬マスターズ
2020年11月23日16:01 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 東京新聞杯



 真冬の東京、名物レースとなっている東京新聞杯。思えば2年前、のちに宝塚記念、コックスプレートと有馬記念のG1を3連勝するリスグラシューが、久々に勝利を挙げたレース。しかも長距離をあきらめ、マイル路線に挑戦しようというという構図。たった2年前の話だが、いま考えると隔世の感がある。
  それはさておき今年の東京新聞杯、予想ソフトの本命は(9)レッドヴェイロンに集中した。『カツラギ』予想勝率17%。2年前のNHKマイルカップ3着馬が、着実に力を蓄えての重賞再挑戦。今なら同レース勝ち馬(15)ケイアイノーテックにも劣らないという見解だ。
  2番手を争うのは(13)クリノガウディーと(2)ヴァンドギャルドで、穴系ソフトの推奨馬は(12)シャドウディーヴァ、(7)ケイデンスコール、(3)モルフェオルフェと(10)ロワアブソリューの4頭。買い目的にはまったく迷うところなく、今年の東京新聞杯は(9)レッドヴェイロンから(13)(12)(7)(3)(10)に流す結論となる。
  京都メインのきさらぎ賞は、(8)アルジャンナが『カツラギ』予想勝率46%で盤石の態勢。こちらは(8)から(5)(7)(1)(3)(2)へ。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.