競馬マスターズ
2020年10月25日15:24 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - シンザン記念



 牝馬が好成績を残すシンザン記念。しかしそれ以上に注目すべきは、このレースで2番人気以内に支持された牝馬の、その後の活躍ぶりだろう。ライトカラー、シーキングザパールの時代から、フサイチエアデール、ダイワスカーレット、ジェンティルドンナ、ジュエラーにアーモンドアイまで、恐ろしいほどの高確率でG1級に育っている。
  さて、今年の(9)ルーツドールと(1)サンクテュエールはどうだろう。(9)ルーツドールは予想ソフトには好まれない“1戦1勝の人気馬”なのだが、『ダビジェネ』『C−Lex』など、約半数のソフトが同馬を本命に推奨。同じ牝馬なら実績で優る(1)サンクテュエールと思っていただけに、これは少々意外だった。
  しかしそれでも、やはり予想ソフトは実績重視。『カツラギ』など残り半数は朝日杯FS・G14着の(4)タガノビューティーを筆頭とし、これが(9)ルーツドールを僅差で退けることに。
  3番手は、こちらも朝日杯5着の(6)プリンスリターンと牝馬(1)サンクテュエールが僅差で争い、穴系ソフトの推奨馬は(8)(2)(10)。今年のシンザン記念は(4)から(9)(6)(8)(2)(10)に流す結論となる。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.