競馬マスターズ
2020年01月13日15:28 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - ホープフルS



 年末最後のG1は、将来を期待される2歳馬が集結するホープフルステークス。G2時代には2勝馬がほとんど出走しなかった年もあるレースだが、さすがにかなりのメンバーがそろうようになってきた。
  その中心は、何と言っても(2)コントレイルなのだろう。東京スポーツ杯2歳Sのレース振りに、三冠馬の誕生を予感したという話も各所で耳にした。
  1戦1勝の大物候補ではなく、重賞勝ちのタイトルもあるだけに、予想ソフトの評価もまんべんなく高い。たとえば『カツラギ』予想勝率は28%で、これはホープフルSという名称になってからの最高率。前年勝ち馬サートゥルナーリアをも軽く上回っている。
  ただし2番手はちょっと意外なところで(10)ディアセオリーと(9)パンサラッサがその位置を争うことに。(7)ワーケアはそれらに続く僅差4番手なのだが、(11)オーソリティや(5)ヴェルトライゼンデは2戦2勝であるにも係わらず無印に近い状態。
  これは意外と荒れ模様ということか? 穴系ソフトの推奨馬は(6)(4)(12)の3頭で、徹するならヒモ穴狙い。今年のホープフルSは(2)から(10)(9)(6)(4)(12)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.