競馬マスターズ
2020年09月27日15:18 競馬Masters RSS




↑競馬Mastersトップ > 過去の記事一覧

[ 岡村信将 ] 関東サンスポ予想記事 - 中日新聞杯



 本日の中京メインはハンデG3の中日新聞杯。この重賞は数年ごとに3月と12月の開催を行き来しており、他重賞の移設に合わせて柔軟に穴を埋めてきた印象がある。3歳馬がここを勝つようなら、(枠が空いていれば)余勢を駆って有馬記念への出走まで考えたくなる日程だ。
  そういった意味では3歳馬が注目を浴びるべきレースなのだが、やはりと言うべきか、予想ソフトの注目はその3歳馬たちに集まった。本命系のソフトがこぞって推奨する(16)マイネルサーパスと、穴系ソフト注目の(9)ラストドラフト&(8)アドマイヤジャスタ。来年飛躍が期待される3頭だ。
  ハンデ戦であるだけに個々の数値的には抜けなかったのだが、(16)マイネルサーパスの『カツラギ』予想勝率は14%。昨年3歳馬だったギベオンが56kgを背負ってこのレースを完勝しているのも心強い。
  少し意外なところもあり、総合2番手に入った8歳馬の(12)ショウナンバッハ。なるほど、これは昨年同レースでギベオンにハナ差で敗れた2着馬ということか。そこに気づくと納得の印、今年の中日新聞杯は(16)から(12)(7)(9)(8)(15)に流してみたい。

 

記事説明書
過去の記事









競馬Mastersについて | 広告掲載のご案内 | ライター募集 | プロフィール | お問い合わせ

Copyright © 2005- 競馬Masters All Rights Reserved.